「焼き魚」のことを特別に考えている人って、たくさんいるのかな。過去の体験や思い込みなんかが、「涙」と結びついてしまうことも、よくある話って言われそうだし。

蔑まれた手料理と天気予報

「焼き魚」のことを特別に考えている人って、たくさんいるのかな。過去の体験や思い込みなんかが、「涙」と結びついてしまうことも、よくある話って言われそうだし。

ページの先頭へ戻る

具合悪そうに話す子供と公園の噴水具合悪そうに話す子供と公園の噴水

会社で就いていた時の先輩は、社長令嬢で、まさにセレブだった。
痩せてて可愛らしくてハイテンションで、動物好きの先輩。
動物愛護団など設立して、それなりにキャンペーンを行っているようだった。
毛皮着ない、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
一度マンションに行ってみたことがある。
一等地にある高層マンションで、六本木ヒルズが見えていた。
先輩は、人懐っこくて上品な猫ちゃんと仲良しだった。

薄暗い金曜の昼に料理を
夕食時に、グラスビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近、その後にワインを飲んでしまう。
もちろん、翌日に接待のような仕事がない時に限るけれど。
実家を出ていた時に、マンションの近くでワインショップを見つけて、父の日のために買ってみた。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円以上のワインを探しています」などと話して。
実家にプレゼントした、ワインが一万円することをついつい話すと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
その他の感想はなさそうだった。
以来、私はあまりワインの質にこだわらなくなった。
あー最高だと思えるアルコールだったら、金額や質にはこだわらないと決めた。

陽気に自転車をこぐ妹と濡れたTシャツ陽気に自転車をこぐ妹と濡れたTシャツ

ちかこが、マンションのベランダで、トマトを作っている。
実ったらトマトソースを作ってみたいらしい。
育てているとは言うものの、しょっちゅう水も肥料も与えないし、ベランダでたばこを吸うので、彼女のトマトの環境はこれっぽっちも良くない。
丸2日、水をあげなかったという時期の、トマトの見た目は、葉っぱがしょぼんとしていて、まるでしゅんとしている様子に激似だ。
かわいそうだったので、水分を豊富にあたえると、次の朝のミニトマトは陽気に復活していた。

喜んで体操する彼とわたし
近くに海があるところに自分たちは、暮らしているので、地震の際の津波を両親が気をもんでくれている。
特に3月の大震災後は、海と家がどのくらい隔たっているのかとか高みは近辺に存在するのかとかたずねてくる。
妻と私も気がかりだけど、しかし、単純に金額的にいける賃貸も見つかるわけではない。
だけど、しかし、本当に高波がやってくるとなった際に避難する道筋を確定していないといけないと考えるけれど、海の横しか近くに道路がないので、あらためて想像したら危険だと思った。

雲が多い平日の夜明けに目を閉じて雲が多い平日の夜明けに目を閉じて

昔、短大を出てすぐの時、同級生と3人で船に乗って釜山に旅行に行った。
初めての海外旅行で、高級ホテルに短期の滞在だった。
メインを随分観光して、充実させていたけど、しだいに道に迷ってしまった。
日本語は、当然理解されないし、韓国語も少しも通じなかった。
そしたら、韓国人の男性が発音のきれいな日本語で道を説明してくれた。
大学時代時に横浜にて日本語の勉強をしたという。
そのおかげで、無事、楽しい海外旅行を続けることが可能になった。
帰国の日、駅で道を教えてくれたその人にまたばったり会った。
「またきてください」と言われたので、みんな韓国が好きな国になった。
いつも有給は韓国観光が計画されている。

暑い月曜の明け方に微笑んで
そんなには、テレビドラマは視聴しないほうだけれど、最近、それでも、生きていくを見逃さずに見ている。
加害者の家族と殺された側の家族が出会ってといった内容で、通常はあるはずがない話の中身だと思う。
殺された側の親兄弟と加害者の両親と妹のどちらの家族も不幸なストーリーがえがかれている。
内容の中身は大変暗いのだけれど、その分、ビジュアルはきれいなようにつくられている。
花や緑や自然の映像がたいそう多用されていて、牧歌的できれいな映像が非常に多く使われている。
この後、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

じめじめした水曜の昼は立ちっぱなしでじめじめした水曜の昼は立ちっぱなしで

何年か前の猛暑、冷房の効いた部屋の中で冷えた飲み物ばかり摂取していた。
私は外に出ると熱中症にかかっていたので、水分摂取が大事だと思ったからだ。
乾燥した部屋の中で、ノースリーブ、その上ミリンダにアイスで涼しさを求めた。
なので、快適に過ごせたと実感していた暑さ対策。
すると、寒くなって、いつもよりもっと寒さを感じることが多かった。
外出する仕事がしょっちゅうだったこともあるが、体が冷えすぎてなるべく部屋から出れないという状態。
なので、たぶん、夏の水分摂取は冬の冷え対策にもつながると思っている。
十分に栄養を摂取し、偏りのない過ごし方をするのがベストだと思う。

雲の無い月曜の晩は足を伸ばして
久しぶりに、麻衣子と明日香と海外旅行に行きました。
麻衣子と明日香は、私の専門学校の同級生で、同じ時間を共有した仲です。
しかも、学んだのは旅行業と、トイックだったので、観光が、好きな生徒たちであふれていました。
その中でも、麻衣子と明日香を含む仲のいい6人で色んな県へ旅行に行った思い出は大切です。
私はもともとそんなに仲のいい友人が多い方でもないし、しかもそれで良いと思っています。
だから、めちゃくちゃ喜んだけれど、すぐ横で麻衣子が満足そうな雰囲気だったのもポイントでした。

気持ち良さそうに吠える姉妹と電子レンジ気持ち良さそうに吠える姉妹と電子レンジ

夏休みが2週間くらいたった頃の夕方。
「缶蹴り」で鬼をしている少年は、とんでもなくお腹が減っていた。
捕らえても捕らえてもカンを蹴られて捕まえた友達が逃げるので、もはや本日のカンケリは終わらないんじゃないかと肩を落とした。
クタクタに疲れて家まで戻ると、玄関を開けた瞬間に今日の晩御飯が何かわかった。
メチャンコ美味しそうなカレーの匂いに、少年は笑顔になった。

雲が多い金曜の早朝は歩いてみる
自分自身、アレルギーで、ファンデーションは少しも使えないし、洗顔石鹸も一部だけだ。
そこで、フルーツやサプリメントのパワーに任せているが、近頃摂取しているのが粉ゼラチンだ。
ドリンクに混ぜて、毎日習慣にしているけれど、多少は素肌がつやつやになった。
なんと、実行してから効果が出るまで、即効性があったので、驚いた。

Copyright (c) 2015 蔑まれた手料理と天気予報 All rights reserved.

●カテゴリ