雑誌とかのインタビューとかで、「春巻き」のことについて尋ねられたら、アナタはどう答える?「生徒」は、人それぞれで感じ方が千差万別かもしれない。

蔑まれた手料理と天気予報

雑誌とかのインタビューとかで、「春巻き」のことについて尋ねられたら、アナタはどう答える?「生徒」は、人それぞれで感じ方が千差万別かもしれない。

ページの先頭へ戻る

無我夢中で熱弁するあなたと履きつぶした靴無我夢中で熱弁するあなたと履きつぶした靴

お気に入りのアーティストはたくさんいるけれど、近頃は海外の音楽ばかり購入していた。
一方、日本の歌手の中から、大好きなのがcharaだ。
charaは凄い数の楽曲を世に送り出している。
有名なのは、SWEET、月と甘い涙、VIOLET BLUEなどなど。
日本には数多くのアーティストが知られているが彼女はチャラは素晴らしい個性がピカピカと輝いている。
この国には、海外で曲を出すアーティストも多いが、charaも人気が出るような予感がする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?「あたしを無人島に持って行って」
こう言った題名が作られることに尊敬だ。
ほとんど曲作りもしていて個人的には、感受性がありカリスマな才能があると思う。
judy&maryのユキとコラボレーションしてTOP10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高。
可愛かったから。
誰もが一回くらい、思う、思われたい感覚の事柄を、上手に短文で表現している。
キャッチフレーズのコンテストなんかに入賞されそうだ。

陽気に熱弁する父さんと紅葉の山
友達の彼氏が梅干しを販売しているとの事。
東京に本社を置き中国に支社もあり、関西の方に工場がある。
各都道府県に定期的に、何名かのメンバーで訪問販売をするらしい。
夜中、梅干しの雑学を聞いていると、食べたくなった。
「梅干し食べたい」と言ったら、もちろん!と出してくれた。
このときに食べたこの梅干しが、これまででベストに美味しかった。
なんと、さっそくはちみつ梅を注文してしまった。

雹が降った金曜の夕暮れは読書を雹が降った金曜の夕暮れは読書を

しかも客は、ほとんどが日本人観光客という状態だったので、その光景にびっくりした。
そしてお客様は、ほとんどが買い物目的の日本人という状態だったので、その雰囲気にもびっくりした。
実は、韓国コスメは効果抜群なくらい成分が多く使用されているとか。
もちろん、化粧品にも興味はあったけれど、店の人の日本語能力にも感動した。
簡単な会話なのかもしれないが、日本語がそこそこ上手い。
私たちは、旅行のために勉強した韓国語を使う気満々で行った韓国だけど、必要ないようだった。
会話の機会があれば、努力すれば外国語を話せるようになるという事を証明してくれたような旅行だった。

勢いで口笛を吹く彼女とアスファルトの匂い
時は金なりは、的確なセンテンスで、ぼやーっとしていると、見事にすぐ自分の時間が過ぎていく。
今よりも素早く作業も報告書も終わらせることが出来れば、そのほかの事に時間を回せるのに。
掃除をしたり、散歩したり、料理にはまったり、文庫本を手に取ったり。
そう思ったので、ここしばらく、さらりとこなそうと頑張っているが、どれくらい頑張れるのか。

悲しそうにお喋りする弟と暑い日差し悲しそうにお喋りする弟と暑い日差し

北方謙三版の水滸伝の血が通っていて男らしい人物が、原作の水滸伝の108人になぞらえて、目立った登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の登場人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
登場キャラクターに人間的な弱さが見えるのもかつまた、夢中になっていたわけだ。
弱いなりに自分の夢とか将来の為に出来るだけ一生懸命なのが読みふけっていて楽しい。
読みあさっていておもしろい。
しかし、魅了される人物がひどいめにあったり、夢がなくなっていく話も胸にひびくものがあるから心ひかれるフィクションだ。

気どりながらお喋りする彼と読みかけの本
オフィスで親しくなった女の人がいる。
今までに出会ったことのないような女性で、彼女の話はいつも興味深かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
幼稚園教諭の免許、ネイリスト検定2級、インテリアコーディネイター。
児童英語教師、調理師免許、そして、元CAさん。
公認会計士まで持っていると言っていたような・・・。
さすがにこれを母に話してみたところ、あなたの勘違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、30歳年上の上司と職場結婚で退職していった。

怒ってお喋りする友人と突風怒ってお喋りする友人と突風

[確実にこうで決まっている!」と、自身の価値観のみで他人を裁くのは悪い事ではない。
だけど、世間には事情と言うものが個人の周辺にまとわりついてくる。
それを知ると自信を持つのは悪くないけれど、強く反対するのはどうなんだろう?と考える。
これ、一意見でしかないけれど。
つらい世の中になってもおかしくないかもしれない。

雲の無い木曜の午後は友人と
とても甘いお菓子が好きで、ケーキなどを自作します。
普通に自分で混ぜて、焼いて作っていたけれど、最近、ホームベーカリーで作成してみた、とっても手軽でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンをすって混ぜたり、リンゴを混ぜたり、栄養が摂取できるようにもしています。
シュガーが少量でもニンジンや野菜の甘味があるので、好んで口にしてくれます。
最近は、スイーツ男子なんて表現もメディアであるから一般的だけれど、しかし、大学の頃は、甘いお菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、そういった男性が多いよねとも言われる。

気どりながら大声を出すあいつと霧気どりながら大声を出すあいつと霧

恐ろしいと感じるものはいっぱいあるけれど、私は海が怖くて仕方ない。
しかも、沖縄やハワイなんかのクリアな海ではない。
もっと上を行くのが、日本海などの濃い海だ。
ついつい、右も左も水平線・・・なんて状況を想像して怖くなってしまう。
気分だけ味わいたかったら、open water というシネマが持って来いだと思う。
スキューバーで海のど真ん中に置いてけぼりの夫婦の、トークのみで話が進んでいく。
とにかく私にとって怖いストーリーだ。
本当に起きてもおかしくない事なので、恐怖はたっぷり味わえる。

雲の無い金曜の晩にお酒を
新入社員の頃、株に興味をもって、買ってみたいとおもったことがあったけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買える銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも興味があったのだけれど、しかし、汗水たらして得た貯金が簡単に消えるのが恐怖で、買えなかった。
楽天証券に口座は開いて、貯金から動かして入れて、パソコンのエンター一つだけで購入できるように準備までしたけれど、恐怖で買えなかった。
一生懸命、働いて稼いでためた貯蓄だから、他人たちから見たら少額でも大きく減ってしまうのは怖い。
でも一回くらいは買ってみたい。

Copyright (c) 2015 蔑まれた手料理と天気予報 All rights reserved.

●カテゴリ