「悲しみ」のことを特別に思っている人って、いっぱいいるんだろう。昔の体験や思い込みみたいなのが、「サイダー」と結びついてしまうことも、確かにありうる話だよね。

蔑まれた手料理と天気予報

「悲しみ」のことを特別に思っている人って、いっぱいいるんだろう。昔の体験や思い込みみたいなのが、「サイダー」と結びついてしまうことも、確かにありうる話だよね。

ページの先頭へ戻る

余裕で跳ねる父さんと失くしたストラップ余裕で跳ねる父さんと失くしたストラップ

このところまでまったく存在を知らなかったが、水について大丈夫なオムツというものが販売されていた。
都市部では、水遊び用オムツを着けて入れる所と入らせてくれない所があって違うらしい。
疑い無く、他人からしたら、専用のオムツでも大便など含んでいるオムツで同じところに入られたら、気持ち悪いだろう。
だけど、親だったら、プールにいれてあげたいという気持ちもある。
ですが、立場が逆だとしたら気分がいやだ。

気どりながら跳ねるあの子と観光地
気乗りがしなかったけれど、運動くらい多少でもやらなくてはと今日この頃思う。
仕事内容が変わってから、最近、体力仕事がとっても減り、体脂肪がすごく上がった。
そして、30歳になったのも関係しているかもしれないが、腹にぶよぶよと脂肪がついていて、すごく恥ずかしい。
多少でも、意識しないとやばい。

涼しい仏滅の午後に読書を涼しい仏滅の午後に読書を

深夜、寝れないことがあれば、家にあるDVDをなんとなく見てしまう。
昨夜観賞した映画は、「エスター」というアメリカのシネマだった。
主役の、エスターと言う子は頭が良いけれどちょっと変わった9歳の子供。
ラストに思いもよらない結末が待ち構えている。
それは観賞の経過で、終わり方が理解できる人がいるのか疑問なくらい意外すぎる事実。
それは、ビックリとするのではなく、ただジトーッとような終わり方だった。
DVDは、眠くない私の夜の時を充実させてくれる。
しかし、絶対アルコールとつまみも常に一緒なので、体重が上昇するのが怖い。

控え目にお喋りする母さんと花粉症
実行させたら、ものにするまでに時間を要するものが、世間にはたくさん存在する。
その一つが、外国語の習得だと思う。
しかし、韓国語は例外ともいえるようで、日本語と語順が同じ、SVOで、さらに日本語と同じ音が多いので、身に付きやすいらしい。
昔、韓国語を学んだ友達は、今から始めても早く学びやすいので飽きないよ、とのこと。
少しだけ憧れたけれどやっぱりハングル文字は暗号にしか見れない。

雨が降る月曜の午後にお菓子作り雨が降る月曜の午後にお菓子作り

富士には月見草がよく似合うというよく知られる名言を残したのは小説家の太宰だ。
彼は、バスで、御坂を越えて、現在の山梨県甲府市へ向かうところだった。
そこでたまたま乗り合わせたおばあちゃんが「あら、月見草」とつぶやく。
そこで、振り返った彼の目に見えたのが月見草、同時に大きな裾野をもつ富士山であった。
富岳百景の一部のこの部分は、富士山を理解するときに欠かさない。
たくさんの文芸作品にも出てくる、3776mの名山だ。
どの位置から見ても同じく、整った形をしているために、八面玲瓏という表し方が似合っていると言われる。
全く同じ意見だ。
私が特に好きなのは、中央高速道路から見る名山、富士山だ。

凍えそうな木曜の夜は座ったままで
「嫌われ松の子一生」というタイトルのテレビ番組が放送されていましたが、欠かさなかった人もいらっしゃったと思います。
わたしは、TBSは見なかったけれど、中谷美紀主役でシネマがクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さからでもありますが恵まれてるとは言えない立場にいながらも、心まで貧しくなりません。
周りから見ると、恵まれていないかもしれないけれど夢を捨てません。
幸せをつかむことに関して、貪欲なんです。
すごく、魅力を感じました。
私も幸せになりたいのに、そうなってしまうと幸せになる権利はないような気がする。
という、謎の状態だった悩みを抱えていた私は松子を見ていると、悩みなんか忘れていました。
とても、明るい映画なので、見ていただきたいです。
主演の、中谷さんは、教師を演じても、ソープ嬢を演じても、美容師を演じても、なんでもはまってました。

控え目に叫ぶあの子と俺控え目に叫ぶあの子と俺

雑誌を眺めていたり街を歩いていると、綺麗だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、一般的な美しさとは言えなくても、愛嬌があったりオーラがあったり。
それぞれの雰囲気は、その人の内面かもしれない。
とても重要だと思う。
最近注目しているのがアーティストの西野カナさんだ。
うたばんを見て初めてインタビューを受けている姿を見た。
女の子っぽい!と見ずにいられない。
ふっくらしたほっぺに、体型もバランスが良く、淡い色が凄く似合う印象。
話し方がおっとりしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
曲は割と聞いていたけれど、本人を見てますます大好きになった。

天気の良い木曜の午後はひっそりと
今日は、久しぶりに大雨になった。
サビキ釣りの約束を同僚としていたが、雷までなっているので、さすがに怖くて行けそうにない。
気がついたら、雨がやんだので、やはり行くということになったのだが、釣りに行くための道具の準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
またの機会に行ける日にと言って釣り道具をしまった。
来週は晴れが続くみたいだ。
なので、次こそ予定を立てて行ってみる。
またの機会に行ける日にと言って道具をしまった。
明後日からは雨じゃないらしい。
その時は、今度こそ行こうと思う。

暑い水曜の昼は散歩を暑い水曜の昼は散歩を

都内でも古くから華やいでいる町が、台東区の浅草。
中でも歴史のある仏様が浅草の観音様。
まさに近頃、浅草寺詣でに行ってきた。
久しく向かう東京都浅草参り。
また、自身で実際に確認して分かったのは、外国人のツーリストがたくさんいるという事実。
世界中よりお客様が集まってくるここ浅草だけど、ちょっと前より明らかに増えた。
というのは、世界で一番背の高い総合電波塔、東京スカイツリー完成の影響もあると考えられる。
アジア諸国からは、新東京国際空港ハブ化に伴って便が良くなったという事で、プラスして、ヨーロッパ諸国や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅力を感じて来る観光客が多いと思う。
ともあれ、この先の未来も多くの外国人観光客が、やってくるということを想像した。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私はというと、仲見世通りを心行くまで観光することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしなどをたくさん買って、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、立派な浅草寺本堂が見えてきた。
この屋根の瓦はチタン瓦を採用して、改修工事を行ったという。
秘仏の観音様にお礼と旅の無事をかねてしっかり手を合わせてきた。
今年の成果が、これからの未来で実るといいなと。

曇っている月曜の昼はカクテルを
旅でも仕事としてでも、韓国への渡航回数が多い。
縁が深いのは、日本からすぐの釜山。
観光ももちろんだが、特に女の人はコスメやネイルなど興味を持っている人も多数だろう。
韓国では外見へのこだわり、つまり外見を磨くことへの熱は素晴らしいといわれる。
面接や、お見合いの際に、日本に比べて露骨に判断する傾向が多々ある。
お国柄か、韓国製の美容グッズは、美容成分が日本製より多く含まれているらしい。
そのため、合う合わないは出てくるものの、効果は期待できるのではないだろうか。

Copyright (c) 2015 蔑まれた手料理と天気予報 All rights reserved.

●カテゴリ